様々な病気を引き起こす血栓|食品で予防しよう

レディ

ビタミンやミネラルの摂取

野菜

健康不良の元に

人間には生きて行くうえで多くのビタミンやミネラルが必要とされているため、多くの食べ物を摂取しなければいけません。その中で現代の日本人は野菜不足に陥っていると言われています。独特の味や匂いがある野菜も多いため子供も苦手として食べなくなってしまうので野菜不足になってしまいがちです。野菜不足になり肉や甘いものを中心とした食事をしていると、食物繊維不足になって便秘を引き起こしてしまいます。便秘は新陳代謝の悪化を招いて痩せにくくなったり、血液がどろどろになってしまって血栓を作りやすくなる、身体の健康を守るための栄養素が不足することで病気や怪我が起こりやすくなるなどのデメリットが生じてしまいます。野菜不足の解消は健康な毎日を過ごすためにも見過ごせないものなのです。

サプリは不足分の補助

成人1日の野菜摂取量は350gですが、一人暮らしや仕事が忙しくてそれだけの量の野菜を食事から摂取するのは難しいという人は少なくありません。そんな時にはできる範囲で野菜の摂取を行いましょう。料理をする暇がないという場合にはミキサーやブレンダーだけで作ることができるスムージーもおすすめです。いろんな野菜を入れて混ぜるだけなので朝の時間がない時の食事がビタミンやミネラルが不足しているならサプリを利用すれば良いと考えるかもしれません。しかしそれらの健康食品だけに頼りすぎると咀嚼力の低下による消化液の分泌量の低下や脳への影響が起こる可能性があります。なるべく野菜を食べるようにして、不足したものを健康食品で補うようにしましょう。